ちりめん応援ブログ
*
ホーム > 暮らし > 債務整理をしてもローンは組める?

債務整理をしてもローンは組める?

債務整理をするともうローンを組むことが

できなくなると思っている人もいますが、

 

そうではなくて

再びちゃんとローンを組むことはできるようになります。

 

 

 

ただし、債務整理といっても自己破産・任意整理・個人再生で

どの債務整理をするかで再びローンが組める期間は変わってきます。

 

債務整理の中でも任意整理は5年でローンが組めるようになりますが、個人再生や自己破産は5年~10年はかかると言われています。

 

そのローンが組めない期間に無理に審査を通そうとすると、

そこから再スタート、

 

 

 

例えば3年は審査を通さなかったけど3年目で

審査を通そうとしてしまった場合は5年経ってもまだローンを組むことができない可能性があるのです。

 

 

ですから債務整理をしてから最低5年は無理に審査を通そうとしない方がいいということです。

 

債務整理の内容によってローンが組めるようになる時期は違うので十分注意しましょう。

 

 

中には債務整理をしてそんなに時間が経ってないのに

審査が甘くブラックの人でも借りられる金融機関も存在するようですが

私はあんまりおすすめしません。

 

せっかく債務整理をしたのにまた同じことを繰り返してしまっては意味がありません。それなら最初から債務整理をしないで

自力で返し続けて、借りたい時に引き出すという生活をしていた方がましに思えます。

 

なんの為にブラックになって色々なリスクを負ってやったのか考えてみて下さい。

 

新しい人生にするというぐらいの気持ちでなければ一生借金人生から逃れることはできないでしょう。

 

そういった気持ちの問題がしっかりしていて、尚かつ借金が返済できないという悩みから早く解放されたいのであれば、債務整理を利用することは有効だということです。


関連記事

潜在意識からの健康
普段から意識していなくとも、潜在意識の中で私達は当たり前の様に健康でい続ける事を...
債務整理をしてもローンは組める?
債務整理をするともうローンを組むことが できなくなると思っている人もいますが、 ...
テスト
テスト記事です。...