ちりめん応援ブログ
*
ホーム > ニュース > 取引会社

取引会社

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨を売買の注文をして利ざやを稼ぐ商品です。

 

売買の値は、上がったり下がったりします。

 

それが為替相場です。

 

テレビのニュースをみていると、通貨のレートの情報が流れるケースがあります。

 

よく見かけるのが、「ただいまの為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという意味ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを言い表しています。

 

トレードには買いと売りの値が存在する事を示しています。

 

売値、買値ではなく、BID、ASKと表示する取引会社も存在しています。

 

売値が買値よりも低い値段に決められています。

 

実際に買値は高く、売値は低くなっています。

 

この差額をスプレッドといい、取引会社の利益の1つになっています。

 

スプレッドの広さは業者によって変化します。

 

スプレッドは自分にとって出費になるので狭いFX取引会社をピックアップしたほうが得します。

 

ただ、同じFX会社でも場合によってスプレッドの差は変動します。

 

もしも平常時はドル円の組合せで1銭のスプレッドの広さでも為替の変化がとても大きい状態では1銭よりも広くなったりする場面があります。

 

そういう訳で、スプレッドの広さが狭いのと同時に変化が少ないということが肝心です。

 

この頃では固定でスプレッドの差を表示するFX会社もあります。

 

リアルにFX取引会社の取引画面上で現実の市場をチェックしなければ判別できないので手間がかかりますが必要な事です。

 

多額の財産を投入して売り買いをするわけですから現実の売買の前に、関心があるFX取引会社の取引するための口座開設を積極的にして、示されているスプレッドの差を確認しましょう。

 

同じ外貨でもその場面での為替の条件によってスプレッド幅は変化します。

 

普通は、インターバンクマーケットで売買高が多いペアではスプレッドの幅が狭くそれ以外の通貨ではスプレッドの差が大きくなる事がよくあります。

 


関連記事

取引会社
「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨を売買の注文をして利ざやを稼ぐ商品です...
テスト
テスト記事です。...